はまぼ〜日記

BLOG
ホームはまぼ〜日記開催報告知っておこう!災害後の法律相談~弁護士が語るそれぞれの復興とは~
開催報告

知っておこう!災害後の法律相談~弁護士が語るそれぞれの復興とは~

horitsusodan_1 (JPG 227KB)

7月30日(土)午前10時から、「知っておこう!災害後の法律相談~弁護士が語るそれぞれの復興とは~」を開催しました。

熱海の土砂災害を含め、数々の被災地で支援を行ってきた永野海弁護士に生活再建のための法律や過去の事例についてお話いただきました。永野弁護士には過去にも何度か講座をお願いしていますが、毎回参加者が法律を難しく感じないよう工夫を凝らした手法で実施してくださいます。

今回は、クイズ形式で被災後の支援に係る法律知識を学び、知識を得ることでレベルアップしていく「災害復興QUEST」という新たな内容です。事前に「力作です!」とお聞きした通り、スライドでは自作の音源とオリジナルキャラクターが登場。参加者それぞれが、21問のクイズに挑戦しました。

永野先生の講座
災害後に耳にする「罹災(りさい)証明書」をはじめ、制度や支援についてはかなりの数がありますが、専門用語が並ぶと必要性や違いを理解することは難しいものです。難易度高めのクイズに参加者は頭を悩ませながらも、永野先生の軽快な口調に笑いが起こる場面もありました。
被災者の立場に立ったアドバイスは、「調べること」「相談すること」の大切さに気付くとともに、自治体やメディアの役割についても考えさせられる内容でした。

なにより「災害後、相談窓口に来られるときは、相談ごとがなくてもいいんです。『特に何というわけじゃないんだけどね…』と寄っていただければ」という言葉は、永野弁護士の支援のスタンスと人柄を表しているようでした。参加したみなさんは配布資料を見直し、被災後の復旧・復興について、よりリアルにイメージを持っていただければと思います。

話を聞く参加者

8月の防災学習センターでは、「アイリンブループロジェクト」代表の菅原氏を迎えた講演会とパネルディスカッション「子どもの命を守るために~被災地から学ぶ~」を開催予定です。

菅原氏は、東日本大震災の日、幼稚園の送迎バスで被災し亡くなった愛梨ちゃんの最期の場所に咲いた花を育てることで、震災の風化を防ぎ命の大切さを伝える活動をしていらっしゃいます。
会場・オンライン、どちらでの参加可能です。ぜひお申込みください。

カテゴリー

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

お問い合わせ
TEL
053-474-8555
開館日
火~日 9:30~17:00
休館日
月・祝日・年末年始
お問い合わせ